コンプレッサー

コンプレッサーを使って整えよう!

MIXで結構難関なコンプレッサー。何が難関って効果が慣れないと分かりにくいんです。私も最初はそうでした。うまく使うとキックやスネアを引き締めたり、ベースを前に出しつつも邪魔にしないようにできたりと必ず使うエフェクターです!

ボーカルにも必ず使いますね!そのコンプレッサーについて今回はお伝えします。

コンプレッサーってなに?

コンプレッサーというのは、「音のピークを抑えて整える」そんな感じのエフェクターです。音にはピーク値というものがあって、そのピーク値は音圧や全体を整えるために非常に重要な項目です。

何が重要かというとMIXをしていると音量がどんどん上がっていきます。その時に一つの楽器だけのピークが高いとそれが邪魔をし。全体の音量を上げるとクリップ(音割れ)を起こすことがあります。それを楽器ごとに整えてクリップをしないようにし、結果2MIXは迫力のあるしっかりとした音源になるわけです。

コンプレッサーの種類

コンプレッサーには色々と種類があります。加工をする音によって使い分けるのがこれまた難しいのですがすこしずつ慣れていきましょう。

代表的な4種類

  • FET(トランジスタ)タイプ
  • VCAタイプ
  • OPT(光学式)タイプ
  • 真空管(チューブ)タイプ

おもにこの4つを使い分けてMIXをしていきます。

それぞれどんな楽器に適しているのか次に書きます。私はWAVESを中心に使っているので今回はWAVESでお伝えしていきます。

FET(トランジスタ)タイプ

写真のような形をしているものです。有名なものに「CLA-76」というものがあります。私は主にWAVESかNative Instruments のどちらかをよく使っています。

適している楽器
  • ボーカル
  • ギター
  • ベース
  • ドラム

に比較的向いています。

特徴
  • アタックが早い
  • アグレッシブな音作りに向いている

アタックが早いので「タンッ!」や「パンッ!」「ドンッ!」と言ったドラム関係に使うとオケに埋もれることなく前にしっかり出つつもピーク値を上げ過ぎないそんな使い方ができます。

アップテンポの曲に使うとアグレッシブなドラムを演出することができます。ドラムであればスローテンポでも使うといいですね。

但しスローテンポなボーカルにはあまり適していません。スローテンポというとバラードが多いと思いますが、
バラードは全音などの長い音が多くなるので最初だけ締まってでても雰囲気が合わなくなることが多いです。
スローテンポのボーカルにはあとで紹介するOPTタイプがいいです。

VCAタイプ

VCA(Voltage Controlled Amplifier)という小難しい英語が並んだタイプのものです、覚える必要はありません(笑)

ようは電気的に音を処理してくタイプのものと思ってください!

適している楽器(今回は楽器といういうよりもトラック)
  • バストラック
  • マスタートラック

特定されたトラックに使って音をまとめるという使い方が多いタイプです。バストラックとは例えばドラム関係をまとめたトラックなどです。キック、スネア、ハイハットなどバラバラのトラックになっていると思いますがそれをグループチャンネルを作りそこにまとめているトラックの事です。

特徴
  • まとまりのある音になる
  • ソフトからハードな使い方まで万能

まとめたバストラックに差すとバラバラになっていた音がきれいにまとまりより音楽的な音に変化していきます!私はドラムの他にも

  • 第一バイオリン
  • 第二バイオリン
  • ビオラ
  • チェロ

のストリングス群

  • ギター L
  • ギター R
  • ダブリング

のギター群

などのも場合によってはまとめてバスコンプをかけています。

WAVESがお気に入りなのでWAVESばかりでなんですがオススメは

WAVESのSSLバスコンプ

こちらもWAVESのAPI-2500

です!どちらもそこまで高くはないのでどれか一つでも持っておくとまとまりが出なくて困っている方にはとても重宝するプラグインですよ!

WAVESはまとめて買った方がお得です

バラで用意するのもありですがWAVESはセットを用意した方がとてもお得です!とりあえずWAVESのGOLDを買っておけば結構色々とできますよ!リンクは付けておくのでよければ下から購入してみてください!

OPT(光学式)タイプ

ボーカルトラックなどでよく使われるOPTタイプのコンプレッサーです。光学式という言葉から連想できるかと思いますが、光に変換してコンプレッションをするタイプです。インターネットの光は早い!なんてよく聞きますが、コンプレッサーに関してはその逆です。遅いというのは誤解がありますが、ゆっくりとなめらかにかかかるというイメージです。

適している楽器
  • ボーカル
  • ピアノ
  • ストリングス
  • スローテンポの各楽器

イメージしてもらうとわかると思いますが、どれも持続音が長く、ゆっくりとした感じの音です。そういった感じの音に書けると前に出てきて非常にいい音楽になってきます。

ボーカルにも適しているのでアップテンポなボーカルにも差すといいですよ!ボカロのなかなか前に出てこない音にもオススメです!

特徴
  • アタックとリリースは基本的に固定
  • アタックは遅め
  • 音量の整えが自然

コンプレッサーにはアタックとリリースを変えるためのパラメータが基本的には付いていますが、OPTタイプには基本的には付いていません。他のコンプレッサーを使っている方にとっては「えっ?」と感じるとは思いますが、慣れてしまうとそういうものなんだと気にならなくなります!むしろその設定がしなくていいので楽です(笑)

WAVESの他に有名どころで「Native Instruments」のVC2A、「IK Multimedia」のWHITE 2Aというのもあります!

「Native Instruments」 VA2A

「IK Multimedia」WHITE 2A

私は全て持っていますがその時の気分によって使分けています!やっぱりメーカーによってプログラムが違うので若干音が違ったり、かかり具合に差があります。とは言え本当に若干なのでそこまで気にしなくても大丈夫ですけどね!

「Native Instruments」 VC2A「IK Multimedia」WHITE 2A

「Native Instruments」 VC2A の単体販売は楽天やAmazonでは見つかりませんでした。私の見落としでしたらすみません。

メーカーの公式ページから購入ができます!

Native Instruments 公式ページ】

公式ページからVC2Aを購入すると一緒にFETタイプとVCAタイプも付いているのでいいですね!ただ単体で購入すると¥13,400、うーんKOMPLEAEを購入した方がいい気がしますね( ̄▽ ̄;)

「IK Multimedia」WHITE 2A も楽天やAmazonでは単体販売が見当たりません。公式ページで€79.99。IK Multimediaの公式ページですと日本円表記ではなく€(ユーロ)になっています。この記事を書いている2021年8月10日時点では日本円で¥10,360です。

こちらは 「Native Instruments」 VC2A の単体販売と違って他にはなにも付いていませんのでそこそこ高いですね。。。でしたらIK MultimediaのT-Racksを購入した方が断然お得です!!

真空管(チューブ)タイプ

これは言葉の通り真空管というのいう管が入っていてそこを音の電気信号が通過し独特な味付けがされた音になるタイプのコンプレッサーです。よく温かみが出るという表現をされることがありますが、倍音が付加される為です。

*倍音=基音(その楽器の基準となる周波数)に対しての2倍、3倍、4倍の周波数の事

こんなやつです(別の機材のものですが似たような感じです)

適している楽器
  • 真空管の味を付加したい音色
  • 温かみを出したい音

抽象的でなんのこっちゃですね、、、音は倍音が増えると温かく感じるという特徴があります。デジタル系は子の倍音が少ないまたはないので固く感じますが、アコースティック系の楽器をアナログミキサーで録音をすると倍音が付加されて温かみが出たりもします。

そのような処理をしたい時にコンプレッサーをかけなくても通すだけでも倍音は付加されます。

特徴
  • 音が真空管ならではのつぶれ方をする
  • 他のコンプレッサーよりも倍音が付加される

特徴と適してい楽器同じような事にになってしまいますが、「温かみを出したい」そういう時に使うととてもいい感じになりますよ!ほんわかしたBGMやバラードなんかにもいいですね!!

これも各社から色々と同じようなものが出ています。私はWAVESのPuigChilを愛用しています、見た目もいい感じでテンションが上がります(笑)意外とそういうのも大切ですよ!

実際のハードを購入しようとすると数百万です!!それが安い値段で使えるなら使わない手はないですよね!

しかし、これはWAVESのGOLDのセットには残念ですが入っていません。そこそこ上位のHorizonに入っています。ここまでのバージョンを買うとなんでも来い!!という状態になれますよ(笑)

一応購入ができるようにリンクを付けておきますのでお金に余裕があったり、本気で音楽をやっていくという方は是非購入してみてください!

ちなみ私はなんでも来い無敵状態でプロとしてやっているので「Mercury」で完全武装しています!!

ご依頼をして頂いた場合はフル活用していますので、ワンランク上の楽曲制作ができますよ!

【直接のご依頼はこちらをクリック】

【ココナラを経由依頼でしたらこちらをクリック】

ナオ~(=^・^=)

このようにコンプレッサーと言っても色々と種類があり使分ける事で作った音楽のクオリティーを上げる事ができます。

しかし慣れるまではなかなかうまく使えないかもしれませんが、めげずに色々と使っているうちにだんだんとわかってくるので是非怖がらず面倒くさがらず使ってみてください!

なにか私に聞きたいことがあれば直接ご依頼のページへ飛んでもらってご質問して頂ても大丈夫です!