雛月ひより様 Vtuber

【歌ってみたMIX担当】雛月ひより様/ファンサ

♪SNSでシェアしてもらえると嬉しいです♪

チャンネル登録者数が日に日に増えている「Vtuberの雛月ひよりさん」の歌ってみたMIXを担当させて頂きました。

ライブ配信もやっています、流行っているAPEXのゲーム配信です!

カワイイ声が聴きたい方は是非チャンネル登録をして遊びに行ってみてください!

頭のネジ ユルユル系ほんわかVtuber

自己紹介動画を見て頂くと分かると思いますが、ほんわかな雰囲気がある柔らかい感じのVtuberさんです。

雛月ひよりさん 自己紹介 動画

まだチャンネル登録者がここまで多くない時にも、ご連絡を頂いていたのですがあっという間に900人近くまでファンが増えています!

ライブ配信 APEX

流行っていて、たくさんの方がプレイしているゲームAPEXのライブ配信もやっています。

ゲームをしながらコメントに答えてくれたり楽しい配信をやっています!


【歌ってみた】雛月ひよりさん/ファンサ

カワイイ声をがとても合う曲を歌ってくれています。

MVも完全オリジナルでかなり手が込んだクオリティーの高い映像になっています。是非ご覧ください。

Twitterもやっているのでフォローしてみてください!

配信スケジュールなどもツイートしてくれると思います!

オリジナルグッズも販売中

ファンにはかなり嬉しい、雛月ひよりさんのオリジナルグッズも用意してくれています。人気が出たらなかなか手に入らなくなる可能性もあるので、今のうちに手に入れてみてはいかがでしょうか?

販売されているグッズに一部を画像をお借りしてご紹介!

載せている以外にもたくさんのグッズがあるので是非、上のリンクから覗いてみてください!

【時計】

【アクリルキーホルダー】

【アクリルブロック】

【缶バッチ】

【モバイルバッテリー】

【マグカップ】



MIXにあたって

オートメーションやAIボーカルソフトなどを多くを駆使しMIXを行わせて頂きました。

ご要望の「可愛い感じ」「途中の大人数に聴こえるコール」ここをどうするかを考えつつMIXを開始させて頂きました。

映像に合わせて

今回は映像が先にあったため、映像を見ながらその場その場の雰囲気がでるように意識をしています。

サビイントロはリバーブ深めに

映像自体は近くにいる感じですが、聴いているオーディエンス側をイメージして最初はリバーブを深めにして「これから始まる」という雰囲気を演出してみました。

センドで複数のエフェクトをオートメーション

ボーカルには複数のプラグインへセンドで音を送り、オートメーションを使いそれぞれの箇所で微調整や、ON/OFFなどをしています。

プレートリバーブにはイメージャーで広がりを調整

今回プレートリバーブは歌に対して隠し味的な役割でボーカル真後ろにいるようにしています。

プレートの種類は少し深めのリバーブがかかるようにし、リターンフェーダーで調整をしています。

Doublerで厚みを追加

ひよりさんの声が柔らかい感じだったので、薄くDoublerをセンドで掛けて厚みを出しています。

やり方は人により色々ありますが、今回はこの方法を選択しました。コンサートホールでの声の広がりを演出するのにちょうどいい感じになった為です。

「もっと」の部分はボーカルソフトを重ねて

歌の途中に「もっと」という掛け声があります。ここをどうするか。

ご要望では、ボーカルを重ねてと頂いていましたがどうしても同じデータを重ねているだけなので厚みや人数感が出ませんでした。

少し考えて思いついたのが、VOCALOIDとSynthsizer VのAI。

これをハモリの音程を基準に掛け声のように、ピッチシフトでダブらせたらいいのでは?と予想通り人数感が出ていい感じになりました。

※分かりにくいかもですが、こんな感じです。

ボーカルソフトAIは歌以外にも使える

今回やってみてわかったのが、AIだからか音程がないような声も演出できるという事です。

やってみたいという方は試してみてください。

使っているのは2種類

より色々な「人」を再現する為にソフトを2種類使っています。

◆VOCALOID と ◆Synthesizer V です。

それぞれリンクを付けておくので気になる方は見てみてください。


Synthesizer V Studio Pro スターターパック

Synthesizer V Studio Pro スターターパック

VOCALOID6 Starter Pack AI Megpoid

VOCALOID6 Starter Pack AI Megpoid

※VOCALOID6の声に関しては、購入時点で付属しているHARUKAを使用しています。

※Synthesizer Vの声に関しては「Saki」と「Ryo」を使用しています。



最後に

書ききれていない方法もまだまだたくさんありますが、ひよりさんのご要望にお応えできるように持っている知識や技術をフルで使わせて頂きました。

最終的なミキサー画面は下の画像です。

これを見てトラックが少ないと思うか、多いと思うかは人それぞれなのであくまで一つの参考としてみておいてください。

作曲編曲、カラオケ制作、MIXをお受けしております

このブログのメールフォームTwitterDMココナラなどからお気軽にメッセ―ジを送りください。

ご依頼専用サイトはこちらをクリックしてください


ねこ音SNS などお気軽にフォローをしてください!

【ダンスステージ音源制作担当】豊洲☆アイドルスター学園&グラ★ハピ様 2022年11月12日と13日に行われた、「江東湾岸まつり」のステージに出演されたダンスグループ「グラ★ハピ」さんのINST音...
♪SNSでシェアしてもらえると嬉しいです♪