ヘッドホン

ヘッドホンは良いものを使おう☆

♪SNSでシェアしてもらえると嬉しいです♪

田舎ならいいけど都会じゃちょっと。。。

DTMを始めたばかりの頃ってどうしてもスピーカーに気をとられがちになりますよね。
ですがスピーカーよりもまずはちゃんとしたヘッドホンを買った方が効率がいいですよ☆

なぜかって?スピーカーって本来の性能を出してあげるにはある程度の音量を出してあげないと
いけないんです。
私の実家の長野のような周りが山だらけのような一戸建てだったら
大きな音を出しても苦情はほとんどきません(笑)

だけど、東京や神奈川、埼玉、千葉、大阪などの人が集中しているところで
大きな音を出したら苦情になってしまいますね!

なので必然的にヘッドホンを使う頻度が多くなってくるわけです☆

ヘッドホンなら夜中でも制作ができますからね☆

ヘッドホンでそんなに変わるの?

これはもう体験するとすぐにわかります!!
音楽をやっていない人が電車とかで使っているヘッドホンやイヤホンは
「リスニング用」です。

リスニング用?

リスニング用とは、言葉通り「聞くためのもの」です!
ヘッドホンやイヤホンて聞くためのものじゃん?全部。

まぁそうなんですけど、リスニング用は低音や、高温が心地よく聞こえるように
チューニングされています。

色々なものに付属しているものと、別で買ったものを聞き比べると
明らかに違います!

安かろう悪かろうになりやすいのがヘッドホンやイヤホンです!

リスニング用で制作はダメ?

結論、ダメではないです。だけど調整されているもので制作をしてしまうと
そのヘッドホンやイヤホンではかっこよく聞こえるのに他のもので聞くと
しょぼいとか低音が出過ぎているとかという現象が起きます。

*例えば、低音が出過ぎているヘッドホンでやっていくと、最終的には低音が少ない音楽になります。
 なぜかわかりますかね? 

→低音が出るようにチューニングされているので、そうではないものでは低音が足りないという
 状態になります。

→そもそも人間は低音には鈍感なので、よけいに聞こえないという状態になります。。。
 せっかく気合入れてドンドンさせたつもりが残念な音楽になりますね。。。

モニター用を使いましょう!

楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

音楽制作にはやはり「モニター用」を使うのが一番です☆
モニター用は全ての周波数がフラットになるようにできているので、
足りない音がよくわかります!

そしてモニター用は安くても1万円くらいすることもあって、
基本的にはどれを買っても大丈夫です☆

メーカーによって差があるので、そこは楽器屋さんなどで試聴してみるのが
いいですね!自分のしっくりくるヘッドホンやイヤホンを見つけられば
それだけで作る音楽は変わってきますよ!

ド定番は 「SONY MDR-CD900ST」 ですね!
迷ったらとりあえずこれでもいいです☆

発売されてかなり古い歴史のヘッドホンですが、いまだにスタジオなどで
定番品としておいてあります!

ド定番のヘッドホン MDR-CD900ST ド定番のヘッドホン MDR-CD900ST

他にもAKGやオーディオテクニカなどもあります☆
こちらもお勧めです!
私の感触ですが、オーディオテクニカ製のものは高音が少し強いので
人によっては耳が痛くなるかもしれないので、試聴をしてから購入するのが
いいとおもいます!

オーディオテクニカ ATH-M50x ブラック モニターヘッドホン オーディオテクニカ ATH-M50x ブラック モニターヘッドホン AKG K701 開放型ヘッドホン AKG K701 開放型ヘッドホン

イヤホンもお勧めです☆

ヘッドホンだと長い時間頭に着けているので意外と疲れたり、
耳が痛くなったりします。

そんなときはイヤホンもお勧めです!
イヤホンならヘッドホンよりも通勤や通学で使いやすいですし自宅でも使えるので
いいですよ☆

あっでも100円ショップとかの安いのはやめた方がいいですからね、
聞いてみるとわかりますがスカスカです(;’∀’)

ねこ音愛用 SHURE ( シュアー ) / SE215-CL-A クリア ねこ音愛用 SHURE ( シュアー ) / SE215-CL-A クリア

このイヤホンは本当にお勧めです☆
値段も高すぎないのにクリアで分離感がしっかりとしたイヤホンです!

ソフトケースも付いてくるので持ち運びに絡まることもないですよ☆

SHURE掛けと言って少し変わった付け方をするので、
慣れるまではあたふたしますが1週間もすればすぐになれます!

私も最初うまくつけられなくてあたふたしてました(笑)

SHUREには補聴器のユニットを使ったものもあります!

補聴器はかなり高価でいいユニットを使っています、
それをイヤホンに持ってきたものです!

低音と高温のユニットが分かれていてより分離感がはっきりとして
聞きやすくなりますよ☆

ただ値段が高い。。。

下のイヤホンで約3万です!
値段だけあって音はかなりいいですよ☆

SHURE ( シュアー ) / AONIC4 SE42HYBK+UNI-A ブラック 高遮音性イヤホン SHURE ( シュアー ) / AONIC4 SE42HYBK+UNI-A ブラック 高遮音性イヤホン

色々と紹介したいヘッドホンやイヤホン

とんでもない数のヘッドホンやイヤホンがあります☆
色々と紹介したいのですが1ページだとなかなか多くは無理なので
少しずつ紹介していきます☆

まずは揃えたいヘッドホンかイヤホン

DTMを始めるとどうしても、プラグインや音源にお金をかけたくなりますが、
一番先にヘッドホンかイヤホン、いいものを買いましょう☆

いくら色々な音源やプラグインを買ってもそれを判断するための
アウトプットがちゃんとしていないと出来上がった音楽は変になりますよ!

今後もいろいろと紹介していきますので、参考にしてみてくださいね☆

♪SNSでシェアしてもらえると嬉しいです♪