ねこ音 軌跡

作曲編曲家として活動するまで④専門学校卒業~就職

久しぶりのねこ音の軌跡となります。前回までは専門学生時代にやっていた新聞奨学生についても書いてみました!少しでも参考になったことがあれば嬉しいです☆

今回は専門学校2年目~卒業までを目安に書いていきます!

音楽には関係のない話になるので、興味のある方だけみてください☆

難病指定「サルコイドーシス」にかかる

テディ, テディベア, 病気, 舗装, お早い回復を願っております, 小さなクマ, 動物のぬいぐるみ

前回お話しした新聞奨学生についてですが、前回最後に書いたように体を壊して1年目でドクターストップがかかりました( ̄▽ ̄;)その病気が見出しにもある「サルコイドーシス」という難病です。。。

これにより新聞社でも異例の1年分は学費を出してくれ、止む無く新聞奨学生を辞めました。

今はわかりませんが、当時は約10万人に1人~2人という確率らしいです。宝くじに当たればよかったのになぁと当時は思っていました(笑)

サルコイドーシスの病状

詳しい事が気になる方はGoogleで検索してもらうとたくさん情報が出てきますが、簡単に言うと全身性の病気です。私の場合は、一番症状が出やすい「目」と「肺」に症状が出ました。

病状の始まり

コンタクトレンズをしているのですが、1週間くらい目の前が曇っていて常に霧の中にいるような状態。コンタクトが汚れると同じ症状が出るので最初は汚れかなぁと思っていました。

ですが全く治らず、むしろ悪化。瞳にも濁りが見えてきて「普通じゃない」とすぐに眼科へ。するとそこでいきなりお医者さんから「〇〇さん(私の名前)失明するね。」と( ̄▽ ̄;)ガーン

と、言われたわけですが意外と冷静に「そうですか。」と言った記憶があります。

過酷な治療が開始

私の場合は「肺」に関しては進行が遅かった為、様子見といういう事で定期検査で自然治癒に向かいましたが、目がやっかいでした。。。「ぶどう膜炎」というものを発症し、どんどん悪化。その治療として白目にステロイド剤を注射するというものでした!!

治療期間 3回/週 約2か月

目に注射というと痛そうに思うかもしれませんが、これが刺した時は全く痛くないんです。一応麻酔の目薬をしてからでしたが。その注射を刺すときよりも、その薬が吸収されていくまでの約10分が激痛!!!

毎回泣いていました!ほんっとーーーーーに痛いんですよ!!なんでも白目からの薬が浸透するには少し時間がかかるらしくその時間が約10分!地獄でした、、、

ゾンビ目

白目に注射をするもので、内出血で白目がまさに紅という感じの鮮明な真っ赤に!!しかも両目!!白目がなくなり全て赤です(;’∀’)自分でみても怖かったですよ~。

でも専門学校には行かないといけないのでその目で、都営三田線に乗車。結構周りの視線を感じました。でも耐えるしかなかったんです。そうでなければ待っているのは「失明」ですから。

失明の恐怖

うつ, 孤独, 男, ムード, 人, 病気, シルエット, バックグラウンド, ヘルプ, 灰色の背景

治療から2週間しても治ってくる気配がなく、いよいよ失明の恐怖に毎日襲われました。診断されたばかりの時は「まぁ治るでしょ」なんて安易に考えていました。

2日に一回の注射、視界は霧の中、目は真っ赤。失明の恐怖に襲われてからはとにかく色々なものを見ておこうと意識していた記憶があります。もう二度とこの景色を見る事ができないかもと。

映画 解夏 に似ている症状

解夏(げげ)という映画では「ベーチェット病」という病気の主人公ですが、最初はこちらを疑われました。興味のある方はAmazonプライム・ビデオで見れるので観てみてください☆

治癒の前兆

注射を始めてから4週目に入った時に、「瞳の曇りがなくなってきた」とお医者さんに言われました。ようやく治ってきたのです!安心したしたのと同時に「あと1カ月くらい注射を続けましょう」みたいなことを言われ、嬉しいと同時に愕然とした記憶があります(笑)

まだあの激痛を味わなければいけないのか。。。と。

それから1カ月間

なんとか耐えて週3回の注射をしてどうにかこうにか視界はクリアになり、治癒に成功しました!なんとか見えるようになってよかったとここでようやく安心しました!

本当にキツイ2か月でした、今となってはいい経験でした!

でも、相変わらずゾンビ目・・・

治癒したとはいえ、内出血が消えるには3か月くらいはかかると。それまでは、人の視線を感じながら毎日を何とか過ごしていました。見えるようになれば、もうそんなことはどうでもよかったです(笑)

この病気で思ったこと

僧, 小僧, 仏, 知識, 読書, 赤ちゃんの感貴八重洲パス, 教訓, 若い, 人, 小さな

いつも当たり前に過ぎている日常も、当たり前ではないと思うようになりました。それは見えるということだけではなく。聴くこと、触る事、歩くこと、喋る事・・なんでもです。

当たり前になり過ぎていて感謝もなにもなかったのですが、この病気をしてからは色々な事に感謝をすることになりました。それこそ「今日も無事にまた布団で寝られてよかった、ありがとうございます!」とそんなところもです。朝起きたら「無事に目を覚ますことができたな!」とも。

なんでも失ってから気づいたのではもう遅い

これに尽きます。

でも、それが大切という事を失うまで、知ることが人はなかなかできないのだそうです。

例えば恋人同士や夫婦、親子など

こんな方はいませんか?

喧嘩をして相手に「〇〇なんか死んじゃえ!」なんて言ってしまう方。本当に死んで欲しいなんて思っていないとは思いますが、この言葉を言った後に交通事故などで本当に死んでしまったら・・・

言ったことに一生後悔する事になりますし、その言葉で交通事故に引き込まれてしまったのかもしれません。スピリチュアル好きではないですが、そういった可能性があるんです。言われた相手が落ち込んで「ぼーっと

してしまっていたとかです。

風呂なしアパート

古い長屋, ウィンドウ, 窓辺, 標高, ファサード, 石膏, 壁、, 建物, 歴史的, カーテン, 外観

話をコロっと変えまして(笑)

専門学校2年目に2か月だけボロボロ風呂なしアパートに住んだことがあります!毎日歩いて10分くらいの銭湯に行っていました。冬だったので寒くて寒くて。。。

水曜日は定休日で入りたくても入れないこれもなかなか苦痛でした( ̄▽ ̄;)でもいい経験だった気がします!意外だったのが、隣にすごくカワイイ人が住んでいたんです!まぁ、難病治療でゾンビ目だったので怖がられてたのか、すれ違っても目をそらされましたけど~(;´Д`)

色んな所で色んな人が頑張っているんだなぁ~と感じました!

風呂なしアパート脱出

コンフォートゾーン, あなたの快適ゾーンを離れる, 信仰の飛躍, 探索, キャリアの変更, エスケープ

知り合いの大家さんが自分で持っているマンションの一室を格安で貸してくれると言ってきてくれそこに引っ越しました!板橋区の西台というところです!当時は駅前のGEOでアルバイトをしていました、これを読んでいる方で西台にお住まいでしたらいつのまにかお会いしているかもしれませんね(笑)

ちなみに風呂なしアパートは隣の駅、蓮根という所で今は華の舞かな?になっていた気がしますが、そこが魚民だった時にそこでもアルバイトしていました!

そしてそこからは特に何事もなく、専門学校を卒業となりました!

ナオ~(=^・^=)

今回はまとめとか特にはないのですが、専門学校2年目で学んだのは「当たり前は当たり前じゃない」「頑張っているのは自分だけじゃない(当時学生だったので)」「何事も失う前に気づく必要がある」と色々と学ぶことができました☆

この経験があってか、この後社会に出てからのさらなる苦労に耐える事ができたのかなとも思っています。ですがその苦労は自分で選んだ結果なんですけどね(笑)

長くなるので今日はここまでにしておきます!私の勝手な軌跡を読んで頂きありがとうございます☆また楽しみにしてくれていたら読んでもらえると嬉しいです!

ねこ音の軌跡③は☆こちら☆